超音波洗浄機の注意事項とメンテナンス

2021-04-27

超音波洗浄機の標準電源コードはヨーロッパのプラグです。接地されていない電源による怪我を防ぐために、電源を切り替えプラグで220 V / 50 Hzの中国の3ピンソケットに接続するか、3芯電源コードに直接交換することをお勧めします。

タンク内に液体がない状態で超音波洗浄装置を始動することは禁止されています

加熱機能付き洗浄装置の場合、タンク内に液体がないときに加熱スイッチをオンにすることは禁止されています

洗浄槽の温度が常温の場合は、トランスデューサーの緩みや機械の通常の使用に影響を与えないように、高温の液体を直接槽に注入しないでください。

タンク内の洗浄液レベルは、タンク深さの1/3以上であり、最大水位を超えてはなりません。

超音波洗浄機で強酸、強アルカリ、可燃性、爆発性、揮発性の溶剤を直接使用することは禁じられています。耐食性のプラスチック製バケツは、強酸性または強アルカリ性の洗浄剤を保持するために使用できます

トランスデューサーチップの損傷を防ぐために、重い物体(鉄の部品)で洗浄タンクの底を叩くことは禁じられています。

洗浄する物体は、洗浄効果に影響を与えないように、洗浄タンクの底ではなく、洗浄バスケットで洗浄する必要があります。

液体を交換したり、液体を排出する場合は、洗浄液を液体出口から排出する必要があります。また、液体が装置に侵入して内部回路を損傷しないように、直接注ぐことは禁止されています。

装置の操作中は、高電圧装置の突然の停止や高電圧による超音波洗浄機の燃焼を避けるために、近くの高出力装置の電源を入れないでください。ユーザーの電圧が不安定な場合は、十分な容量の安定化電源を装備する必要があります。Pシリーズのみ)

長時間の連続作業は避けてください。通常は30分以内で、使用頻度が高すぎないようにしてください。




  • QR